医薬品をネットで購入できる時代

誰が販売しているのか

今はネットで、薬を購入できる時代です。
遠くにドラッグストアがあるので、なかなか購入しに行けない人がいるでしょう。
また、自分の求めている薬が、近所のドラッグストアにないかもしれません。
ネットの方が、品揃えが良いので希望する薬を購入しやすいです。
しかしサイトを見極めなければいけないので、どこを見れば良いのか知りましょう。

ネットで薬を販売するための、ルールがいくつか決められています。
ルールの中に、販売で切る人は薬剤師か登録販売者だけというものがあります。
薬の知識を持っている人でないと販売できないので、何の知識もない一般人が勝手に薬をネットで売ることはしないでください。
最悪の場合は、警察に捕まってしまいます。

名前がきちんと書かれている

安全なサイトには、必ずどのような薬剤師や登録販売者が在籍しているのか、詳しいプロフィールが記載されています。
きちん資格を持っている人がいるサイトだったら、安全に薬を購入できるので活用してください。
誰が管理しているのかわからない、怪しいサイトで薬を買うことは絶対に控えてください。

薬剤師や登録販売者の顔写真と名前、経歴が書いてあるサイトが非常に優良だと判断できます。
病気になっている時は、早く薬を購入しなければいけないと焦っているでしょう。
しかし管理している人がわからないまま薬を注文すると、怪しい薬が届いてしまいます。
それを服用して病気がさらに悪化することのないように、しっかりサイトを見極めましょう。


この記事をシェアする